第12回 信州国展 概要

■ 第12回 信州国展

  会期 2014年3月26日〈水〉→3月30日〈日〉

  会場 松本市美術館入場料=無料

  時間 午前9時→午後5時(最終日は4時まで)

  主催 信州国画会

  後援 長野県教育委員会、松本市教育委員会、塩尻市教育委員会、安曇野市教育委員会、信濃毎日新聞社、松本市民タイムス

第12回 信州国展 出品作家

絵画部

飯 島   基___上 原 一 馬___上 條 喜美子___北 原 勝 史

越 山 公 夫___柴 田 久 慶___髙 橋 靖 夫___髙 山 正 弘

山 岸 恵 子___畔 上 朝 一___飯 嶋 公 子___碓 井 恵 子

金 丸 和 雄___浜   福 子___山 田 一 道   有 賀 正 吉

井口  賀素己   小 倉 富 江   小 林 修一郎   小 松 秀 徳

近 藤 信 子   関   美枝子   高 畑 由紀子   田 中 哲 夫

田 中 玲 子   土 橋 佳 子   寺 尾 久 子   伴 野   平

中 嶋 由美子   林   節 子   降 旗 和 子   増 田 登志子

丸 山 恵 子   吉 田 嘉 名   吉 野 易 子   米久保   慶

青 木 勇 治   石 井 知 佳   大 澤 章 子   柄 沢 美恵子

小 林 玲 子   小 松 紘 一   高 山 俊 子   滝 澤 礼 子

畑   斡 子   馬 場 紀 子   由 井   景   吉 沢 信 幸

版画部

沖 浦 卓 夫___京 野 早 苗___柴 田 吉 郎___白 鳥   勲

池 内 満 子___波 岸 康 幸   山 浦 久 人   寺 澤   功

彫刻部

赤 羽 雄 太   杉 山 千 夏

工芸部

谷   進一郎___北 原   進   小 林   登   須 賀 恭 子

片 山 浩 二   保 原   崇

写真部

和 田 亘裕樹___川 澄 陽 一   荒 井 道 彦

第12回 信州国展 会期中イベントⅠ

作品研究会(一般公開)

3月26日(水) 10:00~

国展の作品研究会の様子を見ることができます。

どなたでも無料・予約不要・入退場自由で見学できます。

第12回 信州国展 会期中イベントⅡ

ギャラリートーク「創作の現場~制作の秘密を語る~」

3月30日(日) 13:30~

国画会会員作家ら6名がアトリエを飛び出し、座談会形式の講演で熱い制作談義を交わします。

制作する上で重要なことがらを、同一テーマで多様な作家が考えを語り合うという、貴重な機会をつくることができました。

普段語られることのない制作秘話を聞くことができます。お聞き逃しなく。

どなたでも無料・予約不要・入退場自由で聴講できます。

司  会

絵画部 会員‥‥上 原 一 馬

トーク作家

絵画部 会員‥‥上 條 喜美子

絵画部 会員‥‥山 岸 恵 子

絵画部 会員‥‥北 原 勝 史

版画部 会員‥‥京 野 早 苗

工芸部 会員‥‥谷   進一郎

写真部 準会員川 澄 陽 一

トーク内容

□ 技法について   油絵派 VS アクリル派

□ 構図・構成の方法 計画派 VS ぶっつけ本番派

□ 資料の使い方   資料派 VS 頭の中派

□ 質感へのこだわり ツヤ派 VS マット派

□ 内容の込め方   自分を出す派 VS 自分を消す派

□ 色彩について   現物描写派 VS 色彩重視派

□ 作品制作の最初の段階と最後の段階に気をつけることは

□ 良い作品の条件とは

第11回 信州国展の様子 ①

第11回 信州国展の様子 ②

第11回 信州国展の様子 ③